公共交通機関で水原のクマガイソウ群生地へおいでになりたい方へ(バスはお勧めしておりません)

毎年5月に見ごろになる水原のクマガイソウ群生地。可憐な花たちがひっそりと咲く、なんとも美しい場所ですが、ご来場いただくにあたってはバスはお勧めしておりません。

詳しくご説明すると、最寄りのJR東北本線 松川駅から群生地入口までの直通のバスはありません。

群生地入口から最も近いバス停 狼ヶ森(おいがもり)停留所まで往来する路線バス(福島交通)はありますが、1日朝・昼・夕方の3本の運行となっており、また、群生地入口から当停留所までは峠道で約1.4km離れているため、徒歩での移動はかなり大変です。

自家用車やタクシーなど、車でのご来場をお勧めしております。

タクシーですと松川駅から群生地入口まで約30分、料金でいうと約4,000~5,000円位になるようです。詳しくはご利用になるタクシー会社にお問い合わせください。

 

群生地入口の案内図。入口からクマガイソウ群生地まで約500m、その奥のヤマブキソウ群生地まではさらに約250m、片道約750m、往復約1.5kmの山道になります。
クマガイソウ群生地の様子。優しく届く木漏れ日を受けながら、杉林の斜面にひっそりと咲きます。
ヤマブキソウ(黄色の花)群生地の様子。こちらも美しいですね。