松川町のりんごが旬を迎えています。

霜が降りるような寒さが始まる9月下旬~10月頃に松川町のりんごは鮮やかに色づき始めます。今回取材させていただいた、さくらナーセリー様(松川町金沢)のりんご畑でも真っ赤なサンふじが沢山実っていました。

さらに寒くなる11月頃に成熟の最盛期を迎え糖度がぐんと上がります。12月のお歳暮の時期には贈答用として出荷され多くの方に喜ばれています。

松川町の生産者の皆様が愛情たっぷりに大切に育てたりんごを食べて、心も体も癒されませんか?

 

赤くて立派なサンふじ!です。サンふじは甘みと酸味のバランスが絶妙で蜜の入りも良く、「世界のサンふじ」の称号が与えられているすごい!品種です。あまりのおいしさにスズメバチもやって来るのだとか・・・
画像の樹齢15年のりんごの木は約150個の実をつけるそうです(多くてビックリ!です)。さらに大きな木になると約1,000個(!!!)の実をつけるものもあるのだとか・・・
今回お邪魔したさくらナーセリー様ではりんごのほか、桃やぶどう、花卉(かき)類も育てています。
ビニールハウスではゼラニウムも咲いていました。赤やピンクなど、とてもカラフルで癒されますね♪
パンジー・ビオラの株も沢山育っています。1年草ですが冬に咲く花として多くの方に愛されている品種です。
かわいい花が一輪咲いていました。残念ながら株を大きく育てるため摘花されました(悲)大きくなったらまた花をつけてね!
さくらナーセリー様では店頭販売もしています。国道4号線からもお店が見えますのでぜひお立ち寄りください。
王林(黄緑色)やシナノゴールド(黄色)なども販売しています。カラフルであまりにかわいいのでちゃん付けで呼びたくなりますが(りんごちゃん、王林ちゃんとか)最近は人名になってしまうので注意(!?)、ですね(笑)
さくらナーセリー様のおいしいりんごは「あっ!プルプルからあげのひ・み・つ(からあげの漬け込みタレ)」にも生まれ変わります。松川町の皆様の地元愛があふれる一品です。